Adobe Creative Cloud が更新できない!

Adobe Creative Cloud が更新できない!

更新処理をしてるのに…

更新できない謎の現象

Adobe Creative Cloud年間契約の有効期限が迫る頃。

  1. アプリ起動
  2. あと何日でライセンスが切れるから更新しろとウインドウが立ち上がる
  3. 手順に従い更新処理
  4. アプリ再起動後、1に戻る

どうにもこうにも。

アカウント管理から確認すると、クレジットカード情報が古いままだったので、「これかー!」と確信して更新。

これではなかった。

ライセンスをどこで購入したか

Adobeサポートに問い合わせたところ、更新できなかった原因は以下のよう。

  1. Adobe以外で購入したオンラインコードを使っていた
  2. 自動更新にしていなかった
  3. クレジットカード情報を登録をしていなかった

つまり、Adobeサイトからメンバーシップライセンスを購入して、自動更新にして、クレジットカード払いにしていたら、この問題は起こらなかった。

上記の件が原因かどうかは定かではありませんが、更新がうまくいかない場合、当てはまってる可能性が高そうです。

解決方法

新たにオンラインコード (ソフトウェアダウンロードカード) を購入し、契約している Adobe ID アカウントに適用させれば期間延長できるよ、ということです。

そういうのが面倒くさかったから、Amazonと比べてもお高いAdobe公式だけど自動更新してさしあげようと思ったのにね!

そっちがその気なら、というわけで少しでも安く更新したい。

セール・キャンペーン関係なく、安くライセンスコードが取得できるのは、デジハリONLINEの1年間のAdobeライセンスコード付通信講座で、価格は39,980円

関連記事↓

ライセンスコードの更新

以前のヘルプはわかりにくかったのですが、最近見たらわかりやすくなってました。それでも「引き換えコード」がわかりにくいです。ライセンスコードとか更新コードの方がいいような。

アクティブなサブスクリプションを持っています。引き換えコードを使用するにはどうすればよいですか?

Adobe ID にアクティブなサブスクリプションがある場合には、引き換えコードを使用できます。
引き換えに同じ Adobe ID を使用するのか、別の ID を使用するのかによって、引き換えコードの扱いが異なります。
以下の該当するオプションを選択します。

同じ Adobe ID で引き換える場合

すでに同一のプランまたは製品をお持ちで、同一の Adobe ID で交換する場合:

お支払いプランが年間プラン、月払いである場合、コードの引き換え後にお客様のクレジットカードへの請求は停止されます。
引き換えコードのサブスクリプション期間が終了すると、お客様のクレジットカードへの請求が再開されます。
>お支払いプランが年間プラン、プリペイドの場合は、引き換えコード期間は有料サブスクリプション期間の末日に追加されます。

引き換えコードに関するヘルプ

コードの引き換え方法についても、上記ヘルプページ【コードの引換】に記載されています。

コードの引換

サブスクリプション版 – リテール版

1.Creative Cloud メンバーシップの引き換えまたは Acrobat DC サブスクリプションの引き換えにアクセスします。
2.ログインするか、Adobe ID を作成します。
3.引き換えコードを入力し、「メンバーシップを有効にする」をクリックします。
4.利用規約に同意します。
5.クレジットカードページでクレジットカードの詳細情報を入力し、「保存」をクリックします。クレジットカードの詳細情報の入力をスキップするには、「後で通知する」をクリックします。クレジットカードの詳細情報を入力すると、サブスクリプションの継続が確保されます。 
6.ソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

引き換えコードに関するヘルプ

ライセンスコードの更新方法を見つけた時はすでに契約自動解約&再契約済みでした。
キャンペーン中だったのでアドビ公式から再契約してしまいました。

通信講座+学割ライセンスで更新料が安くなる方法↓

謎は残る

期日がきて自動解約されてしまったので、Adobeサイトから「年間プラン」でメンバーシップライセンスを購入しました。

再契約後、アカウント管理画面を確認したら、あら不思議。

年間プラン一括払いと年間プラン月々払いの両方の契約が表示されている。
そして両方とも、領収書が発行されてる。

意味が解らない…

実は、メンバーシップ終了を確認した時に、同時にアカウント管理画面に月々払いの「請求書」が表示されていたので、サポートセンターにこれは何かとたずねたら、

カードの更新作業をしたため、自動的に請求書が発行されたものの、カード情報がAdobeに登録されていないため実行はされていない。
理由はわからないけど残っているだけで、実際は請求されないはず。

との回答。

理由はわからないとは何事とは思ったが、多分この人に聞いても埒が明かないと思ったし、もう疲れたので放置したことが仇になってしまった。

今回の回答は、

ダウンロードカードの登録時に、2年目以降自動更新をするとのことで、クレジットカード情報を入力していて、今回直接クレジットカードで購入した契約と重複したため。

ダウンロードカードでの契約の場合、クレジットカード情報を更新してしまうと、請求がカードで開始されることがある。

ますます意味が解らない…。

そもそも自動更新できてないから、問い合わせたのに解決できず、自動解約されたから再契約したのに。

つまりは、実は自動更新されてたにもかかわらず、何らかのエラーで更新せよとしつこく請求され、何らかのエラーで自動解約されて、解約されているにもかかわらず何らかのエラーで年間プラン月々払いが領収されてしまったということか。

やっぱり、意味が解らない。
もう理解しようと思わないので、お金だけ返してください。

その後

月々払いの方は、キャンセル及び返金処理されました。
謎は残るが一件落着。

結局、なぜすんなり更新できなかったのかは未だ不明。

ツール・アプリカテゴリの最新記事